豊田市駅前コモ・スクエアのコモにゃんブログ › 

トリーノ2011summer コモスクエアに設置しました。

コモにゃんブログへようこそ!
コモ・スクエアまちなかイベントの最新情報
ホームページのイベント情報をチェックしてねウィンク

→コモ・スクエア イベント情報ページへ
→イベントレポートはこちら

2011年07月09日 18:49

トリーノ2011summer コモスクエアに設置しました。

コモ鈴木ですひよこ


『 トリーノ2011summer』


コモ・スクエアプロント前の通路のラックに置いてあります。
なかなかいいですよわーい
ぜひご覧ください!

『Toriino』(トリーノ)は、日本野鳥の会が発行する
自然をテーマにしたビジュアルフリーマガジンです。

現在、地球規模で野鳥や野鳥がくらす自然環境が
危機的状況にあることを背景に、
特に50~60歳代の方々に、幼少期の自然が豊かであった時代を
この『Toriino』を通じて思い起こしていただき、
自然のすばらしさや大切さを、
次の世代の自然の守り手である子供たちや孫たちに伝えて欲しい
との思いから、2006年12月に創刊したそうです。
※日本野鳥の会HPより引用
http://www.wbsj.org/fukyu/toriino/index.html

トリーノはビジュアルマガジンなので、写真がとにかくキレイ!
ナショナルジオグラフィックの小冊子版みたいで、
プロントでコーヒー飲みながら読むのにもってこいですわーい

そしてココロを揺り動かされるような写真と文章のおかげで、
なんだか読み終わった後にモヤモヤする感じがします。ぼくの場合えーん


ノスタルジックな気持ちになったり、
優しい気持ちになったり、
悲しい気持ちになったり。。


今回は震災と放射性物質の野鳥に与える影響についての記事がありましたがびーん



このトリーノは、日本野鳥の会が指定管理者として管理する、
豊田市自然観察の森から頂いています。
自然観察の森は、豊田市の都心のほんとに隣といえるような場所に位置し、
この夏にはキビタキオオルリそしてサンコウチョウなどの美しい野鳥たちが
はるばる南の国から海を越えてやって来ています。

見た目も美しいですが、さえずりもキレイなんですよどきどき





ところで、
豊田市には、誇るべき豊かな自然があります。

特に野鳥は、自然生態系において、
食物ピラミッドの上位に位置する生き物。
彼らが豊かに暮らせるその土地には、
それを育む豊かな自然があると言えます。

ecomoの一環として、コモ・スクエアには他にも自然環境系の刊行物を設置しております。
この地域の誇るべき自然と、
それを守ろうと活動する人たちについて、
また紹介して行けたらと思います。

自然やそこに暮らす生き物たちを好きになってくれる人が
もっともっと増えるといいなぁ。







ていうか、小鳥はどうしてあんなに可愛いのだろう。。。がびーん
おかざき自然体験の森ブログも癒されますよもぐもぐ


Posted by コモ・スクエアのコモにゃん │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。