コモにゃんブログへようこそ!
コモ・スクエアまちなかイベントの最新情報
ホームページのイベント情報をチェックしてねウィンク

→コモ・スクエア イベント情報ページへ
→イベントレポートはこちら

2012年05月18日 11:25

JAZZ square 2012 :アーティスト紹介⑥

アーティスト紹介⑥

スクエアステージ

■会場
アイレクススポーツクラブ

■テーマ
「踊」

■タイムテーブル
①17:30~ ②19:30~

■グループ名
「Quarteto De La Nagoya con ERIKO」

■グループ編成
5人(Tim. Vo. Con. B. P.)


■倉田 大輔(くらた だいすけ)Timbales.
JAZZ square 2012 :アーティスト紹介⑥

1970年滋賀県大津市生まれ、愛知県育ち。
愛知大学進学時に軽音楽部ブルースタ―ズジャズオーケストラに在籍。
ジャズドラマーの佐竹伸泰氏、名古屋フィルハーモニーオーケストラ
の打楽器奏者、三宅秀幸氏に師事。
卒業後、地元名古屋において、定期的にセッションを重ねる。

1998年 FMラジオ番組「セッション505」にて
      森剣冶 (Reeds)、ケイコリー(Vo)らと共に日本の
      モダンジャズの草分けであるテナーサックスの
      故宮沢昭氏と共演。
1999年 CUG Jazz Orchestraのファーストアルバム
      “CUG001”に3曲参加。
1999年 ニューヨークへ移住、ジャズのみならずソウル、R&B、
      ラテンなど幅広い演奏活動を行う。移住して間もなく
      Noah Haidu(P)のレギュラードラマーを務め、
      2003年1月にはT.sの巨匠Benny Golsonと共演。
2001年 約1年半、New School University に在学、
      Joe Chambers, John Riley,Chico Hamilton
       等のレッスンを受け、
      Jo Jo Meyerからはモーラーテクニックを学ぶ。
      この頃からラテンパーカッションにも傾倒し、
      Bobby Sanabria、George Delgado等に師事。
      J-Jazz Sistersのメンバーとしてのレギュラー出演を
      きっかけに以後頻繁に出演。
      伝説のソウルシンガー&オルガンプレイヤーJimmy
      “Preacher”Robinsや、Joey Morant (Tp),
      David Gilmore(Tap)等のグループのレギュラードラマー
      を務める。
2002年 ニューヨークブルーノート"East Meets West" において
      J-Jazz SistersメンバーとしてGrady Tate(Vo)と出演。
2004年 NYブルーノート"EastMeetsWest" に自己グループ出演。
2006年 NYで録音された初リーダーアルバム “A Foreign Sky”
      がCUG RECORDS (Roving Spirits)より発売される。
2006年 7年間のNY滞在を経て日本に帰国、拠点を東京に移す。
2006年 シアトルで行われた“Earshot Jazz Festival”にJ出演。
2007年 シアトルで録音された“The East West Alliance”/
      Jay-Kohama-Ikeda Sextetが発売され、
      日本各地で発売記念ツアーを行う。
2009年 再びシアトルへ。
      Jay-Kohama-Ikeda Sextetのメンバーとして
      “Earshot Jazz Festival”をはじめ、
      ワシントン州各地をツア―。
2010年 日本とシアトルで録音されたJay-Kohama-Ikeda Sextet
      の2枚目のアルバム“Band of Brothers”が発売される。
2011年 再び名古屋に拠点に様々なグループ、セッションに参加。
      また自己のジャズグループ、ラテンユニットでも活動中。


■ERIKO(えりこ)Vo.
JAZZ square 2012 :アーティスト紹介⑥

愛知県名古屋市出身
母はピアノ講師、妹はヴァイオリニストと、
クラシック音楽に囲まれ育つ。
3歳よりクラシックピアノを、10歳からエレクトーンを習い、
15歳でバンド活動をスタート。10代はBlack Musicにはまり、
大学時代は関西にてJazzからHard Rockまでジャンルを問わず数々の
バンドを手がけながら、19歳の頃からBarでJazzを歌うようになる。
20歳、北米へ1年間語学留学。
大学卒業後は名古屋に戻り広告代理店での勤務を経て、
名古屋市内のライブハウス、レストランにて本格的にJazz Vocalist
としての活動を開始。
2007年師事していた越智順子(故)師匠に誘われCUBAを旅したところ、
その魅力に心を奪われてしまう。衝撃的な旅をきっかけに独学で
ラテン音楽の研究を開始しジャズからラテンへ転向。
そして名古屋で活躍する志高いラテンミュージシャン達に巡り会う。
共にCUBA音楽の普及を目標に、現在は数々のイベントやライブを
クリエイト中。また介護施設でのボランティアライブも実施。


■荒川“B”琢哉 (あらかわ B たくや)conga.
JAZZ square 2012 :アーティスト紹介⑥

愛知県名古屋市出身
12歳の時に中学のビッグバンド部にて独学でドラムをはじめ、
16歳の時に始めたFree Hills Jazz Orchestraで
ラテンパーカッションに出会う。
名古屋芸術大学サウンドメディアコースに入学し、
サウンドリンフォースメントや
レコーディングの知識を学ぶ一方、ラテン音楽にのめり込む。
3年生からはジャズポップスコースに転科し、
この時期よりプロとして活動を開始。
その後2011年3月にジャズポップスコースを卒業。
現在自身のラテンバンド「B-Style」「B-Style Big Band」をはじめ、
「野々田万照 ゴージャス☆モンキーズ」「黒髪」など、
様々なジャンルのバンドで活動中。


■坂田 ブンテイ(さかた ぶんてい)B.
JAZZ square 2012 :アーティスト紹介⑥
1970年 愛知県津島市出身

ラテン音楽を中心に、地元名古屋はもちろん関東方面でも
数々のユニットで活動中。15歳でベースを手にし、
25歳でラテン音楽に目覚める。以後、キューバ音楽・サルサ
・ラテンジャズなどのスペイン語圏の音楽を専門に活動。
2006,2007年とキューバで行われている国際音楽祭
「Internacional Festival de latrova pepe sanchez」
に出演。


■中島 徹 (なかじま とおる)P.
JAZZ square 2012 :アーティスト紹介⑥

ピアノ、トロンボーン奏者、アレンジャー。
ジャズから始まりラテン・ブラジル音楽に傾倒、
ブルースや日本語の唄ものまで、種々雑多に、
関西と関東を軸にあまたのバンド・セッションに関わる。
'01年と'02年、自己リーダープロジェクト“はぽにやす”
でヨーロッパ7ヵ国10都市にて公演、好評を博す。
'01年’、アメリカ・シアトルのEarshot Jazz Festivalに、
CUG Jazz Orchestraのメンバーとして招聘される。
'07年’CD付きソロピアノ楽譜集
「プロフェッショナル・ジャズ・ピアノ」
(スタンダードジャズ曲集、ヤマハミュージックメディア)を出版。
関西の名門ビッグバンド・アロージャズオーケストラの
Tb奏者として長年在籍中。
名古屋の有名ビッグバンド・CUG Jazz Orchestraにもかつて在籍。
アルバム参加は多岐・多数にわたる。
現参加バンド及びプロジェクトとしては…
Salsa Swingoza、Pink Bongo、Crystal Jazz Latino(高橋ゲタ夫)、
ギラ・ジルカ、小林万里子、カオリーニョ藤原、sonho など。

参考HP↓
http://www.jazzsquare.jp/


  • LINEで送る

同じカテゴリー(豊田市駅前 コモJAZZライブ情報)の記事画像
アロマジャズ♪昭和歌謡ジャズ♪
映画音楽ジャズ♪ビッグバンド♪
アーリーイン&カクテルバー報告♪
東海東京証券で内田修ジャズコレクション
イベント広場でのジャズイベント報告♪
本日、豊田ジャズスクエア開催♪
同じカテゴリー(豊田市駅前 コモJAZZライブ情報)の記事
 アロマジャズ♪昭和歌謡ジャズ♪ (2016-06-13 08:40)
 映画音楽ジャズ♪ビッグバンド♪ (2016-06-09 08:15)
 アーリーイン&カクテルバー報告♪ (2016-06-07 08:20)
 東海東京証券で内田修ジャズコレクション (2016-06-02 13:48)
 イベント広場でのジャズイベント報告♪ (2016-06-01 16:38)
 本日、豊田ジャズスクエア開催♪ (2016-05-29 08:10)

Posted by コモ・スクエアのコモにゃん │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。