コモにゃんブログへようこそ!
コモ・スクエアまちなかイベントの最新情報
ホームページのイベント情報をチェックしてねウィンク

→コモ・スクエア イベント情報ページへ
→イベントレポートはこちら

2012年05月18日 11:25

JAZZ square 2012 :アーティスト紹介⑥

アーティスト紹介⑥

スクエアステージ

■会場
アイレクススポーツクラブ

■テーマ
「踊」

■タイムテーブル
①17:30~ ②19:30~

■グループ名
「Quarteto De La Nagoya con ERIKO」

■グループ編成
5人(Tim. Vo. Con. B. P.)


■倉田 大輔(くらた だいすけ)Timbales.


1970年滋賀県大津市生まれ、愛知県育ち。
愛知大学進学時に軽音楽部ブルースタ―ズジャズオーケストラに在籍。
ジャズドラマーの佐竹伸泰氏、名古屋フィルハーモニーオーケストラ
の打楽器奏者、三宅秀幸氏に師事。
卒業後、地元名古屋において、定期的にセッションを重ねる。

1998年 FMラジオ番組「セッション505」にて
      森剣冶 (Reeds)、ケイコリー(Vo)らと共に日本の
      モダンジャズの草分けであるテナーサックスの
      故宮沢昭氏と共演。
1999年 CUG Jazz Orchestraのファーストアルバム
      “CUG001”に3曲参加。
1999年 ニューヨークへ移住、ジャズのみならずソウル、R&B、
      ラテンなど幅広い演奏活動を行う。移住して間もなく
      Noah Haidu(P)のレギュラードラマーを務め、
      2003年1月にはT.sの巨匠Benny Golsonと共演。
2001年 約1年半、New School University に在学、
      Joe Chambers, John Riley,Chico Hamilton
       等のレッスンを受け、
      Jo Jo Meyerからはモーラーテクニックを学ぶ。
      この頃からラテンパーカッションにも傾倒し、
      Bobby Sanabria、George Delgado等に師事。
      J-Jazz Sistersのメンバーとしてのレギュラー出演を
      きっかけに以後頻繁に出演。
      伝説のソウルシンガー&オルガンプレイヤーJimmy
      “Preacher”Robinsや、Joey Morant (Tp),
      David Gilmore(Tap)等のグループのレギュラードラマー
      を務める。
2002年 ニューヨークブルーノート"East Meets West" において
      J-Jazz SistersメンバーとしてGrady Tate(Vo)と出演。
2004年 NYブルーノート"EastMeetsWest" に自己グループ出演。
2006年 NYで録音された初リーダーアルバム “A Foreign Sky”
      がCUG RECORDS (Roving Spirits)より発売される。
2006年 7年間のNY滞在を経て日本に帰国、拠点を東京に移す。
2006年 シアトルで行われた“Earshot Jazz Festival”にJ出演。
2007年 シアトルで録音された“The East West Alliance”/
      Jay-Kohama-Ikeda Sextetが発売され、
      日本各地で発売記念ツアーを行う。
2009年 再びシアトルへ。
      Jay-Kohama-Ikeda Sextetのメンバーとして
      “Earshot Jazz Festival”をはじめ、
      ワシントン州各地をツア―。
2010年 日本とシアトルで録音されたJay-Kohama-Ikeda Sextet
      の2枚目のアルバム“Band of Brothers”が発売される。
2011年 再び名古屋に拠点に様々なグループ、セッションに参加。
      また自己のジャズグループ、ラテンユニットでも活動中。


■ERIKO(えりこ)Vo.


愛知県名古屋市出身
母はピアノ講師、妹はヴァイオリニストと、
クラシック音楽に囲まれ育つ。
3歳よりクラシックピアノを、10歳からエレクトーンを習い、
15歳でバンド活動をスタート。10代はBlack Musicにはまり、
大学時代は関西にてJazzからHard Rockまでジャンルを問わず数々の
バンドを手がけながら、19歳の頃からBarでJazzを歌うようになる。
20歳、北米へ1年間語学留学。
大学卒業後は名古屋に戻り広告代理店での勤務を経て、
名古屋市内のライブハウス、レストランにて本格的にJazz Vocalist
としての活動を開始。
2007年師事していた越智順子(故)師匠に誘われCUBAを旅したところ、
その魅力に心を奪われてしまう。衝撃的な旅をきっかけに独学で
ラテン音楽の研究を開始しジャズからラテンへ転向。
そして名古屋で活躍する志高いラテンミュージシャン達に巡り会う。
共にCUBA音楽の普及を目標に、現在は数々のイベントやライブを
クリエイト中。また介護施設でのボランティアライブも実施。


■荒川“B”琢哉 (あらかわ B たくや)conga.


愛知県名古屋市出身
12歳の時に中学のビッグバンド部にて独学でドラムをはじめ、
16歳の時に始めたFree Hills Jazz Orchestraで
ラテンパーカッションに出会う。
名古屋芸術大学サウンドメディアコースに入学し、
サウンドリンフォースメントや
レコーディングの知識を学ぶ一方、ラテン音楽にのめり込む。
3年生からはジャズポップスコースに転科し、
この時期よりプロとして活動を開始。
その後2011年3月にジャズポップスコースを卒業。
現在自身のラテンバンド「B-Style」「B-Style Big Band」をはじめ、
「野々田万照 ゴージャス☆モンキーズ」「黒髪」など、
様々なジャンルのバンドで活動中。


■坂田 ブンテイ(さかた ぶんてい)B.

1970年 愛知県津島市出身

ラテン音楽を中心に、地元名古屋はもちろん関東方面でも
数々のユニットで活動中。15歳でベースを手にし、
25歳でラテン音楽に目覚める。以後、キューバ音楽・サルサ
・ラテンジャズなどのスペイン語圏の音楽を専門に活動。
2006,2007年とキューバで行われている国際音楽祭
「Internacional Festival de latrova pepe sanchez」
に出演。


■中島 徹 (なかじま とおる)P.


ピアノ、トロンボーン奏者、アレンジャー。
ジャズから始まりラテン・ブラジル音楽に傾倒、
ブルースや日本語の唄ものまで、種々雑多に、
関西と関東を軸にあまたのバンド・セッションに関わる。
'01年と'02年、自己リーダープロジェクト“はぽにやす”
でヨーロッパ7ヵ国10都市にて公演、好評を博す。
'01年’、アメリカ・シアトルのEarshot Jazz Festivalに、
CUG Jazz Orchestraのメンバーとして招聘される。
'07年’CD付きソロピアノ楽譜集
「プロフェッショナル・ジャズ・ピアノ」
(スタンダードジャズ曲集、ヤマハミュージックメディア)を出版。
関西の名門ビッグバンド・アロージャズオーケストラの
Tb奏者として長年在籍中。
名古屋の有名ビッグバンド・CUG Jazz Orchestraにもかつて在籍。
アルバム参加は多岐・多数にわたる。
現参加バンド及びプロジェクトとしては…
Salsa Swingoza、Pink Bongo、Crystal Jazz Latino(高橋ゲタ夫)、
ギラ・ジルカ、小林万里子、カオリーニョ藤原、sonho など。

参考HP↓
http://www.jazzsquare.jp/


  • LINEで送る

同じカテゴリー(豊田市駅前 コモJAZZライブ情報)の記事画像
アロマジャズ♪昭和歌謡ジャズ♪
映画音楽ジャズ♪ビッグバンド♪
アーリーイン&カクテルバー報告♪
東海東京証券で内田修ジャズコレクション
イベント広場でのジャズイベント報告♪
本日、豊田ジャズスクエア開催♪
同じカテゴリー(豊田市駅前 コモJAZZライブ情報)の記事
 アロマジャズ♪昭和歌謡ジャズ♪ (2016-06-13 08:40)
 映画音楽ジャズ♪ビッグバンド♪ (2016-06-09 08:15)
 アーリーイン&カクテルバー報告♪ (2016-06-07 08:20)
 東海東京証券で内田修ジャズコレクション (2016-06-02 13:48)
 イベント広場でのジャズイベント報告♪ (2016-06-01 16:38)
 本日、豊田ジャズスクエア開催♪ (2016-05-29 08:10)

Posted by コモ・スクエアのコモにゃん │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。